おもてなし研究所(もてラボ)は、北陸新幹線開業後の石川県のおもてなし&マナーを調査・研究・向上するためのプロジェクトです。

facebook

お知らせ ニュースリリース&トピックス NEWS RELEASE & TOPICS

第11回おもてなし研究講座レポート

7月29日(土)に第11回おもてなし研究講座レポートを開催しました!

今回は「外国人観光客に英語でおもてなし!旅先で役立つ英会話レッスン講座」というテーマで、金沢市にある英会話教室「Shining Star English」講師のルーカス・リリーさんを講師に迎え、旅行にも役立つ英会話レッスンをおこないました。

さすがは、明るくて親しみやすいと評判のルーカス先生、講座スタートと同時にちょっとしたゲームで参加者のみなさんと楽しくコミュニケーション。
キャッチボールをしながら、先生の簡単な英語の質問にみんなで答えていきます。

緊張していた参加者のみなさんに笑顔も出てきてリラックスできたところで、本日の講座のテーマへ。

まずは、外国人観光客とのコミュニケーションで一番大切な「フレンドリーな挨拶」について学びました。
話しかけられたらまずは笑顔で挨拶。これは相手が外国人でなくても大切なことですね。

印象的だったのは、なんと「I’m fine」はあまり良くない受け答えだということ。
学校の授業でそう教えてもらったという方も多いと思いますが、外国人の方からすると、ものすごく「冷たく」「敬遠されてる」印象のフレーズなんだとか。これには参加者のみなさんもビックリでした。

そんな基本的なあいさつや感じの良い受け答えの仕方などをレクチャーしてもらったあとは、いよいよ本日のテーマ。
もしも外国人観光客に道を尋ねられたら(はたまた道に迷って困っていそうだったら)どうしたらいいのか?を教えてもらいました。

まず、大切なことは「パニックにならないこと」。
パニックになってしまうと、そそくさとその場を逃げるように立ち去ってしまうことが多いのだとか。もしも逆の立場だったら、ちょっと悲しいですよね。

道案内の基本的なフレーズや、道路にまつわるさまざまな単語を教えてもらい、ペアになっていざ実践です!

道案内って意外とむずかしい!!と参加者のみなさん。

ゴール地点までの曲がり角や見えるものをポイントにしながら(信号や交差点や建物など)、短いフレーズで細かく分けて伝えるのが上手な道案内のコツだそうで、それを意識しながら話すと不思議と落ち着いて説明できました。
やっぱりパニックにならないことは大切です。

いざというときには、身振り手振りのボディーランゲージでも伝わることも多々あるそうで、やはり「親切な心で受け答えしてくれているかどうか」が大切なんだなーと感じました。

道案内をしたあとの別れ際のあいさつの英会話フレーズもいろいろ教えてもらったところで講座が終了。
外国人観光客にはもちろん、海外旅行で外国へ行った時にも使えるフレーズや心構えをたくさん教えてもらえて、とても充実した90分となりました。

ルーカス先生、参加者のみなさま、どうもありがとうございました!!

ルーカス先生は本当に親しみやすく、教え方も上手なので、英会話に興味のある方は「Shining Star English」を検索してみてくださいね。