おもてなし研究所(もてラボ)は、北陸新幹線開業後の石川県のおもてなし&マナーを調査・研究・向上するためのプロジェクトです。

facebook

お知らせ ニュースリリース&トピックス NEWS RELEASE & TOPICS

第10回おもてなし研究講座レポート

3月4日(土)に第10回おもてなし研究講座を開催!

おもてなし研究講座とは、県内で活動する “ おもてなし ” や “ マナー ” にまつわるプロフェッショナルを講師にお招きして開催する参加型イベント。参加者のみなさまといっしょにいろいろなテーマでおもてなしやマナーを研究するための講座です。

今回は『手作りお菓子でおもてなし!「マシュマロフォンダント・マフィン」づくり講座』を実施しました。

マフィンやクッキーといった焼き菓子にデコレーションする「マシュマロフォンダント」。Instagram や Facebook などの SNS でも密かにブームとなっているんですよ。

講師&会場は、ベーグルや焼き菓子が人気のカフェ・HUG mitten WORKS(ハグ・ミトン・ワークス)さん。

マシュマロフォンダントデザイナーの資格を持つスタッフさんをはじめ、お菓子づくりのプロがわかりやすく教えてくれるとあって、準備万端でワークショップがスタートしました。

HUG mitten WORKS のスタッフさんがやさしく丁寧に作り方を説明するところからスタート。

あらかじめマフィンやクッキーなどを用意しておけば、あとの基本的な材料はマシュマロと粉糖(コーンスターチ入り)と水だけ!

マシュマロフォンダントの生地の作り方もとてもシンプル。
マシュマロを加熱して、粉糖を混ぜ合わせて、耳たぶの固さになるまでこねるだけ。お好みで紫芋パウダーや抹茶などで色をつけていけば生地が完成。

この生地で焼き菓子(今回はマフィン)をデコレーションしていきます。

この生地は乾きやすいので、伸ばしたりこねたりと成形するのにちょっとしたコツが必要で、最初はなかなか思うようにいかなかった参加者のみなさん。しかし、スタッフさんのアドバイスやレクチャーで、みなさんすぐに上達していました。
お子さまも粘土遊びをする感覚で夢中で作っていました。

思い思いのマシュマロフォンダントづくりに集中する参加者のみなさん。

レース柄の跡をつけたり、型抜きをしたり、立体的なリボンやバラの花を作ったり。
いろいろな色や形の組み合わせで、一人ひとりの個性や味わいが出ています。

お子さまのつくったマシュマロフォンダントもこのとおり!!すごく可愛いですね!

参加者のみなさまの作品はこちら。
どれもプレゼントやおもてなしに喜ばれそうな素敵なものばかり。

ぜひ今後の暮らしのなかで、ちょっとしたプレゼントやおもてなしに活用してもらえたらと思います。

参加者のみなさま、HUG mitten WORKSのみなさま、どうもありがとうございました!!