おもてなし研究所(もてラボ)は、北陸新幹線開業後の石川県のおもてなし&マナーを調査・研究・向上するためのプロジェクトです。

facebook

おもてなし研究講座 OMOTENASHI  laboratory WORKSHOP

第3回 おもてなし研究講座

かぶら寿し職人秘伝!冬のおもてなし料理をつくろう講座

日時/2016年1月23日(土)14:00〜16:00
講師/ 山岸 峰雄(四十萬谷本舗 製造部課長)
受付終了

加賀百万石の藩政時代、武家出入りの魚屋がお得意様へのお正月進物用のおもてなしとして考え出したと言われている「かぶら寿し」。いまでは冬の伝統料理として石川県のみんなから愛されています。そんな「かぶら寿し」でも有名な創業140年の老舗・四十萬谷本舗さんに、かぶら寿しのさまざまなエピソードや作り方を学んでみませんか?かぶら寿しは漬け込んで発酵させなくてはいけないので、すぐにお召し上がりいただくことはできませんが、お一人様ごとに漬け込み容器をお持ち帰りいただきます。冬のおもてなし郷土料理を学んで、ご家族やご友人を喜ばせちゃいましょう!

※駐車場あり
※公共交通機関でお越しの場合
バス/JR金沢駅・8番乗り場 光が丘行き「沼田町」下車徒歩5分

開催日時 2016年1月23日(土)14:00〜16:00 <13:30会場>
会場 四十萬谷本舗 弥生本店(地図
参加費 3,240円(体験料金+漬け込んだかぶら寿しの料金)
定員 20名
持ち物 エプロン・タオル・頭巾
予約申込期間 2015年12月26日(土)14:00 〜 2016年01月22日(金)19:00

講師プロフィール

山岸 峰雄(やまぎし みねお)

1980年、金沢市生まれ。2002年、大正大学史学科卒業。5年間金沢城公園でガイドとして勤務し、2007年四十萬谷本舗入社。入社以来、かぶら寿しの味の要である糀の作業に従事し、その傍らで食文化史も研究。その成果の一部はFacebook「金沢発酵文化研究所」で見ることができる。2010年より始まったかぶら寿し体験教室では開始以来講師を勤め、「面白く、わかりやすくかぶら寿しの魅力を伝える」をモットーに活動している。

かぶら寿し職人秘伝!冬のおもてなし料理をつくろう講座

講座レポート

冬の伝統料理として石川県のみんなから愛されている「かぶら寿し」。
実際に四十萬谷本舗さんのかぶら寿しをはじめとした商品をいただきながら、まずはその歴史やエピソードをはじめ、詳しい材料や作り方を創業140年の老舗直伝で教えていただきました。知らなかったことばかりでしたが、手間ひまがかかる作り方をはじめ、旬の高級な食材を使うことなど、昔からかぶら寿しは「おもてなし」の心をあらわす郷土料理だったんだなぁーと勉強になりました。かぶら寿し1個にはヨーグルトにも匹敵するほど乳酸菌が豊富だそうで、そういう意味でも食べ過ぎ&飲み過ぎてしまう年末年始の体をいたわる先人の知恵や思いやりも感じました。
ひととおり、かぶら寿しについての知識を学んだら、いざ実習へ。
カンタンかと思いきや、ちょっとしたコツや注意があって、参加者のみなさんも真剣そのもの。講師の山岸さんの軽妙なトークも面白くて、はじめてのかぶら寿しづくりをそれぞれに楽しんでいました。参加者からの質疑応答も盛り上がり、おもてなし郷土料理のかぶら寿しがもっともっと好きになれた体験講座でした。
漬け込みがおわったかぶら寿しは、お持ち帰りいただき、一週間から10日ほどで熟成して完成するそうです。これは食べるのが待ち遠しいですね。みなさん、美味しくできあがるといいですね!
家族と、友人と、恋人と、ぜひとも「おもてなし」の味を楽しんでください。