おもてなし研究所(もてラボ)は、北陸新幹線開業後の石川県のおもてなし&マナーを調査・研究・向上するためのプロジェクトです。

facebook

石川県は加賀百万石の時代からの「おもてなし文化」が色濃く根づいています。庭園、茶の湯、和菓子、郷土料理、紅殻格子、加賀水引、芸妓文化・・・どれも「客人をもてなし思いやる気持ち」から生まれた受け継がれたもの。そして現代、2015年春に北陸新幹線が開業し、全国はもちろん世界から注目が集まっている石川県。おもてなしの歴史が息づく街に想いを馳せて、たくさんの方々がやってきます。おもてなし研究所は、石川県のおもてなし活動を調査し、おもてなしやマナー向上のための体験講座を開催して“おもてなし力”の向上をめざし、さらには県内企業とさまざまなコラボレーションでおもてなしグッズを開発して、世界中からさらに愛される石川県をめざすために誕生した研究所です。石川県民のみなさまに、おもてなし研究所もとい『もてラボ』のいろいろな研究活動を楽しんでもらえたらうれしいです。 おもてなし研究所 所長 もてラボ博士