おもてなし研究所(もてラボ)は、北陸新幹線開業後の石川県のおもてなし&マナーを調査・研究・向上するためのプロジェクトです。

facebook

お知らせ ニュースリリース&トピックス NEWS RELEASE & TOPICS

第13回おもてなし研究講座レポート

11月3日に「おもてなしメニューで食卓を鮮やかに!簡単&美味しいパーティー料理教室」を開催!

おもてなし研究講座、初となる料理教室に幅広い年代の方々にご参加いただきました。

料理教室の舞台は、金沢駅東口から徒歩5分にある「中田料理学園」さん。
清潔感があって、かわいらしい雰囲気の教室内に、みなさんのテンションも上がります。

今回教えてもらうレシピのテーマは「おもてなし」。
これからの季節はなにかと人が集まる機会も多いので、“ホームパーティーでのおもてなしメニュー”として「パエリア」「パイ帽子のクリームスープ」「ミモザサラダ」の3品を作っていきます。

まずは下ごしらえ。
中田先生のちょっとしたワンポイントレッスンを交えて、それぞれの材料をカットしていきます。

近江町市場で買ってきた新鮮なイカとエビ、ムール貝など。
若い人の多くは、魚介類の材料の下ごしらえはなかなか自分でやったことがない方もいて、ワンポイントレッスンを熱心に聞いていました。
ちょっとした一手間で美味しくなるコツが満載で、食べる人を思いやる“おもてなしの心”を感じました。

洋食には辛口の白ワイン。和食には日本酒。料理に合う材料を吟味することも大切なんだとか。

パエリアってフライパンひとつで意外とカンタンにできるんだ!とみなさんビックリ。

そして、パイ帽子のクリームスープの準備。
このスープの作り方が本当にカンタンでみなさん驚いてました。
ココットに材料をすべて入れて、パイシートをかぶせて、オーブンで焼き上げるだけで、見た目にも可愛いスープができちゃうんです。
手軽におもてなし料理が作れるってのがいいですね!

パイ生地の帽子がスープを冷めにくくしてくれる効果もあって、ここもまた食べる人のことを思いやってますね。冬のおもてなし料理にぴったりです◎

そして、最後にミモザサラダ。

ふつうのサラダに、卵の黄身をこんなふうにザルでこすって、まるでミモザの花のように飾りつければ、華やかな表情のサラダの出来上がり。

目にも楽しい料理に仕上げるのは、茶道やお寿司や落雁づくりの講座でも学びましたが、やはりおもてなしの基本作法ですね。

三品が完成して、色鮮やかなパーティーメニューに興奮!
しばし写真撮影大会になりました(笑)

わー!こんな料理でおもてなしされたら感動しちゃいます。
こういう華やかな料理が作れたら、いろんな人を呼んで食べてもらいたくなっちゃいますね。

パエリアにはレモンを添えると味の変化も楽しめるんだとか。食べる人を飽きさせない工夫がありますね。
しかも、レモンの切り方も絞りやすいように切れ込みを入れたりと、さりげない一手間も教えてもらいました。

みなさん、自分たちの作ったおもてなしメニューを美味しそうに召し上がってました。

クリスマスにやってみようという声や、家族に作ってみようという声もあり、みなさんの暮らしの中でそれぞれの「おもてなしシーン」で活用してもらえたら嬉しいです。
中田先生が教えてくれたワンポイントレッスンの数々の中に、おもてなし料理が上達するコツがあり、すごく勉強になりました。

中田料理学園の中田先生、ご参加のみなさま、どうもありがとうございました!