おもてなし研究所(もてラボ)は、北陸新幹線開業後の石川県のおもてなし&マナーを調査・研究・向上するためのプロジェクトです。

facebook

お知らせ ニュースリリース&トピックス NEWS RELEASE & TOPICS

第17回おもてなし研究講座レポート

2018年9月15日(土)に「箱でおもてなしの心を伝えよう! ヴィンテージ着物の生地でオリジナルボックスづくり講座」を開催しました。

今回の講師は、金沢にある松原紙器製作所のオリジナルブランド「ハコヲツム」の松原さんと橋川さんをお迎えしました。
ハコヲツムさんは、本業のパッケージデザイン製作業を活かして、さまざまな面白い箱を商品化しているんです。

まずは、今回つくる「貼り箱」についてや、その作り方についてのお話からスタート。

貼り箱は、板紙製の紙器や木箱の表面にデザインされた紙を貼って加工した化粧箱のこと。
贈り物のパッケージとしてつかわれることが多く、宝石・装身具、時計、文房具、香水、お酒、お菓子などの用途が多いのだとか。

今回は、ヴィンテージの着物の生地をつかった貼り箱をつくるということで、たくさんの素敵な柄の生地を用意してくださいました!

参加者のみなさん、真剣な表情で、着物の生地と箱紙の色の組み合わせをセレクト中。
たくさんの組み合わせがあるので頭を悩ませつつも、とても楽しそうに選んでいるのが印象的でした。

贈り物につかう場合は、相手の好みや雰囲気などをイメージして選ぶのも面白いですね。

着物の生地と箱紙を選んだら、いざ貼り箱づくりのスタートです!

型紙にあわせて、それぞれのパーツを切り取ります。
着物の柄によっては、どこをどう切り取るかが大切だそうで、完成イメージを想像しながらつくるのがポイント。

すべてのパーツを切り取ったら、ベースとなる板紙に布や紙を貼り付けていきます。

布や紙をベースの板紙に貼るときには、この「膠(にかわ)」を使います。

膠(にかわ)は、動物の皮や骨などを煮つめて作った接着剤。
古代から画材および工芸品などの接着剤として利用されているもので、布や紙が乾いたときに固く突っ張ったりよれたりしないのだとか。

目印をつけておいた布や紙に膠を塗って、ベースの箱を貼っていきます。
ズレたりしないように慎重に。

実際の職人さんたちは、ベルトコンベヤーの流れ作業の中で、手作業でスピーディーに貼っていくのだとか!すごい!!

すべてのパーツを貼り付け終えたら、完成!!

一人ひとりの個性が出てて、色とりどりの貼り箱ができあがりました。

こんな素敵な箱で贈り物やお土産にいただいたら、喜ばれることマチガイなし!
プレゼントボックスとして売っててもいいくらいです◎

手づくりのもので一手間加えることで伝わる「おもてなしの気持ち」。
今回つくった伝統的な貼り箱は、そんな想いを伝えるためにぴったりなツールなのかもしれません。

参加者のみなさま、ハコヲツムの松原さん&橋川さん、どうもありがとうございました!!

第16回おもてなし研究講座レポート

2018年8月4日(土)に「“KUTANI SEAL”でおもてなし!?世界にひとつだけの九谷焼をつくろう講座」を開催しました。

今回の講師は、「石川県の伝統工芸・九谷焼をもっとみなさんの身近に」という思いから誕生した九谷焼の転写ブランド「KUTANI SEAL(クタニシール)」さん。その KUTANI SEAL の番頭である美津子さん(通称・みっちゃん)をお迎えしました。

まずは、九谷焼の基本知識からスタート。
九谷焼の特徴である「五彩」などをわかりやすく説明してくれました。

そして、九谷の和絵具を印刷した転写シールの貼り方をレクチャー。
この絵柄が「KUTANI SEAL」の最大の特徴といってもいいくらい、かわいらしくておめでたい絵柄がたくさん!参加者のみなさんも絶賛してました◎

昔ながらのモチーフ、斬新なモチーフ、アルファベットなどの文字もあって、創作意欲がかきたてられますね。

まずは、好きな絵柄を切り取って、デザインを思い描いていきます。

小さいお子さまもたくさん参加してくれて、ワイワイ騒ぎながらも頑張ってました!

デザインが決まったら、切り取ったシールを濡らして、お皿やお椀に貼り付けていきます。
空気や水が残らないようにするのが少しだけ難しそうでしたが、みなさん熱心に貼り付けてました。

ときおり、講師のみっちゃんが会場を盛り上げたり、お子様の作品を手伝ったり、いっしょに遊んだり、とても楽しい時間をみなさん過ごされていましたよ。

そして、それぞれ思い思いの九谷焼のデザインが完成!!

みなさんが作った九谷焼は、どれもオリジナリティーがあって、目にも楽しいものばかり。
ひとつひとつ大切に窯で焼き上げられて、およそ一ヶ月で出来上がるそうです。
楽しみですね〜♪

家族や友人へのプレゼントとして作っていた方、来客したときの会話のネタとして作っていた方、自分自身をもてなしてくつろぎたい時のために作っていた方・・・。それぞれの「おもてなしの心」が作品にこめられているのがとても素敵でした。

これが九谷焼への興味が広がるきっかけになったら、さらに嬉しいです。

KUTANI SEAL さん、講師の美津子さん、今回はとても楽しいワークショップをありがとうございました!

ご参加者のみなさまも、猛暑のなかご来場くださって、本当にありがとうございましたー!!

KUTANI SEALのワークショップは、ひがし茶屋街近くの「八百萬本舗(やおよろずほんぽ)」でも開催しているので、ご興味のある方は観光がてらぜひ遊びに行ってみてくださいね◎

ママとキッズのための春休み特別講座を開催!

このたび、春休み特別講座として、親子で楽しめる「特別講座」が開催します!

スペシャルゲストには、お笑いコンビTIMのゴルゴ松本氏をお迎えし、TVや新聞・雑誌、WEBなどをはじめ全国のセミナーでも大きな反響のある『命の授業』と題したご講演をいただくことが決定!

この『命の授業』のモットーは、“積極性と元気”。「命・人生・日本人・言葉」などをテーマに、漢字や歴史の話、笑いを交えた魂のこもった講演をお聞きいただき、「おもてなしの心」につながる「言葉がもつ力で人を元気にする」という“人と人のかかわり合い”を学んでいただける内容です。参加者ご自身の生活の中にも取り入れていただければと考えます。

第二部は『宇宙からのおもてなし』をテーマに、“正しい放射線の理解”促進を目的とした講演を行います。
4月からの新生活を前に、わたしたちの生活には欠かせない「エネルギー」に関する正しい知識をわかりやすくお伝えし、参加者のみなさまが「安心な暮らし」を実感しお帰りいただけるような内容となっています。

当日は、抽選会も開催!!
参加無料(定員100組200名様)ですので、お気軽に下記の参加申し込みフォームよりお申し込みください。

====================

おもてなし研究所 Presents
ママとキッズのための春休み特別講座

<日時>
2018年3月31日(土)13:30〜15:30ごろ予定(13:00開場)

<会場>
石川県地場産業振興センター コンベンションホール(新館)
〒920-8203 金沢市鞍月2丁目1番地(MAP

<講演内容>
第1部/ゴルゴ松本 氏(お笑いコンビ TIM)
演題:命の授業  ~人生は人と人のかかわり合い~
第2部/植田浩平 氏(北陸電力エネルギー科学館ワンダーラボ 所長)
演題:宇宙からのおもてなし

<定員・参加対象>
参加無料
定員100組・200名
親子(小学4年生〜中学生とその親御さん)

<お申し込み受付>
参加ご希望の方はこちらからお申し込みください。
https://business.form-mailer.jp/fms/50507e7684144

<交通のご案内>
● 車:駐車場あり
● タクシー:JR金沢駅 金沢港口(西口)から約10分
● 北鉄バス:​JR金沢駅 金沢港口(西口)から約20分
6番乗り場から「工業試験場」または「消費生活支援センター」行きに乗車「工業試験場」下車

<主催・お問い合わせ>
株式会社 テレビ金沢
Tel:076-240-9013(月曜〜金曜/9:30〜18:00)

<協力>
北陸電力株式会社

第15回おもてなし研究講座レポート

2018年1月27日(土)に「おもてなしコーデや贈り物に!顔まわりを華やかにする耳飾りづくり講座」を開催しました。

今回のワークショップの先生は、繊細で柔らかな空気感を漂わすアクセサリーが人気の knopue.(ノッフェ)のウエダユミさん。
ウエダさんのアトリエには、knopue.(ノッフェ)の素敵なアクセサリーも販売しています。

降雪が続いて足元が悪い中、一部&二部ともにたくさんの参加者の方にお越しいただきました。

ウエダさんいわく、冬はコートやマフラーや手袋などでアクセサリーが隠れがちですが、顔まわりをパッと華やかにしてくれるイヤリングやピアスは、冬のおもてなしコーディネートにぴったりなんだとか。

まずは、今回の耳飾りづくりに欠かせない材料や工具の使い方の説明や作り方のレクチャー。

自分の好みにあった耳飾りをつくるために欠かせない材料選び。
素材や色を吟味して、組み合わせを想像しながら「なかなか決められない!」と楽しそうなみなさん。

モノトーンの組み合わせや、アクセントに色鮮やかなレッドやブルーを組み合わせたり、一人ひとりの個性が出ますね。

手作りのアクセサリーは会話のきっかけにもなったり、好印象をつくるのにぴったりなアイテムなんだそうです。
ちょっとしたおもてなしの贈り物にも活用できそうですね。

だんだん完成に近づいてきたところで、ピアスやイヤリングの金具をつける前に、鏡で長さの確認。

少し長めにつけると大人っぽかったり、短くすると可愛らしくなったり、耳飾りの長さでも顔の印象が変わることにビックリ!

そして、ついに完成!

ウエダさんが用意してくださった可愛いパッケージにみなさん大喜び。
手作りとは思えない、繊細で可愛らしい耳飾りがたくさん生まれました。

大切な人に会うときや、贈り物をするときなどに、ぜひこの耳飾りを活用してみてくださいね。

ウエダさん、参加者のみなさま、どうもありがとうございました!

第14回おもてなし研究講座レポート

2017年12月2日に「お花やグリーンで華やかにおもてなし!クリスマスリースづくり講座」を開催。

講師には、大人っぽくて素敵なフラワーアレンジメントやディスプレイで人気の花屋さん「Rebellefleur(ルベルフルール)」の宮久美子さんをお招きしました。

まずはリースの材料や工具の使い方などを説明するところからスタート。
参加者のみなさんは熱心に耳を傾けていました。

リースに巻きつけていくために、用意した数種類のグリーンをカットするところからスタート。

カットする大きさによって完成サイズが決まるそうですが、初心者が上手に作るコツは小さめにカットすること。
そうすることで、巻きつけしやすくなるんだとか。

巻きつけていくときのポイントは大きく3つ。

まずひとつめは、巻きつけていく角度を一定方向に決めて一周させること。
そしてふたつめは、種類のちがうグリーンを交互に(ランダムに)巻きつけていくこと。
みっつめは、こんもりさせるためにある程度の密度を維持すること。

そうすることで、ボリュームがあって、バランスの良いリースになるんだそうです。

こんなふうに針金で巻きつけていきます。

裏面はこんな感じ。

はじめて挑戦する方も多かったようですが、宮さんのレクチャーが上手で、みるみるうちに素敵なリースができあがっていきました。

2時間のワークショップもあっという間に時間がたって、思い思いのクリスマスリースが完成!

寒い冬に暖かい部屋で、クリスマスシーズンに訪れる人のことを思いながら作るリースは、冬のおもてなしにぴったりなアイテムですね。
ドアや玄関に飾ったら、グリーンの良い香りにも包まれて、すごく喜ばれそうです。

お花やグリーンを飾る楽しさを見つけてもらい、ふだんの暮らしの中のおもてなしのシーンに活用していただけそうな楽しいワークショップでした。

Rebellefleur(ルベルフルール)では、不定期でさまざまなワークショップやレッスンもやっているので、ぜひホームページをチェックしてみてくださいね。もちろんお花やグリーンを買いにいくのもオススメです。

宮さん、ご参加のみなさま、どうもありがとうございました!