おもてなし研究所(もてラボ)は、北陸新幹線開業後の石川県のおもてなし&マナーを調査・研究・向上するためのプロジェクトです。

facebook

お知らせ ニュースリリース&トピックス NEWS RELEASE & TOPICS

第16回おもてなし研究講座レポート

2018年8月4日(土)に「“KUTANI SEAL”でおもてなし!?世界にひとつだけの九谷焼をつくろう講座」を開催しました。

今回の講師は、「石川県の伝統工芸・九谷焼をもっとみなさんの身近に」という思いから誕生した九谷焼の転写ブランド「KUTANI SEAL(クタニシール)」さん。その KUTANI SEAL の番頭である美津子さん(通称・みっちゃん)をお迎えしました。

まずは、九谷焼の基本知識からスタート。
九谷焼の特徴である「五彩」などをわかりやすく説明してくれました。

そして、九谷の和絵具を印刷した転写シールの貼り方をレクチャー。
この絵柄が「KUTANI SEAL」の最大の特徴といってもいいくらい、かわいらしくておめでたい絵柄がたくさん!参加者のみなさんも絶賛してました◎

昔ながらのモチーフ、斬新なモチーフ、アルファベットなどの文字もあって、創作意欲がかきたてられますね。

まずは、好きな絵柄を切り取って、デザインを思い描いていきます。

小さいお子さまもたくさん参加してくれて、ワイワイ騒ぎながらも頑張ってました!

デザインが決まったら、切り取ったシールを濡らして、お皿やお椀に貼り付けていきます。
空気や水が残らないようにするのが少しだけ難しそうでしたが、みなさん熱心に貼り付けてました。

ときおり、講師のみっちゃんが会場を盛り上げたり、お子様の作品を手伝ったり、いっしょに遊んだり、とても楽しい時間をみなさん過ごされていましたよ。

そして、それぞれ思い思いの九谷焼のデザインが完成!!

みなさんが作った九谷焼は、どれもオリジナリティーがあって、目にも楽しいものばかり。
ひとつひとつ大切に窯で焼き上げられて、およそ一ヶ月で出来上がるそうです。
楽しみですね〜♪

家族や友人へのプレゼントとして作っていた方、来客したときの会話のネタとして作っていた方、自分自身をもてなしてくつろぎたい時のために作っていた方・・・。それぞれの「おもてなしの心」が作品にこめられているのがとても素敵でした。

これが九谷焼への興味が広がるきっかけになったら、さらに嬉しいです。

KUTANI SEAL さん、講師の美津子さん、今回はとても楽しいワークショップをありがとうございました!

ご参加者のみなさまも、猛暑のなかご来場くださって、本当にありがとうございましたー!!

KUTANI SEALのワークショップは、ひがし茶屋街近くの「八百萬本舗(やおよろずほんぽ)」でも開催しているので、ご興味のある方は観光がてらぜひ遊びに行ってみてくださいね◎