おもてなし研究所(もてラボ)は、北陸新幹線開業後の石川県のおもてなし&マナーを調査・研究・向上するためのプロジェクトです。

facebook

おもてなし研究講座 OMOTENASHI  laboratory WORKSHOP

第2回 おもてなし研究講座

プロカメラマン伝授!写真撮影をお願いされたときの裏技講座

日時/2015年12月19日(土)14:00〜16:00
講師/ 中 乃波木(写真家)
受付終了

「写真撮ってもらってもいいですか?」観光地でこんなお願いをしたことありませんか。北陸新幹線開業後の石川県では、そんなお願いをされる機会が多くなったかも?!そんなときに快く引き受けるのはもちろん、上手に撮影してあげられたら、観光客をもてなそうという“おもてなしの心”がもっと伝わるはずです。じっさいに兼六園を巡りながら、プロカメラマン・中乃波木さんが記念撮影の基本テクニックから裏技までを徹底指導!兼六園内の茶店「万清亭」さんでおやつをいただきながら、中さんによる写真の講評や写真性格診断(!?)も開催。年末年始は記念撮影をする機会も多いので役立ちそうです。みんなで写真上手になろう!

※兼六園入園料が別途必要です(石川県民は身分証提示で無料)

開催日時 2015年12月19日(土)14:00〜16:00 <13:30開場>
会場 兼六園内 茶店「万清亭」(地図
参加費 2,000円(コーヒーまたは甘酒+あんころ餅のおやつ付き)
定員 20名
持ち物 カメラ
予約申込期間 2015年11月25日(水)14:00 〜 2015年12月18日(金)19:00

講師プロフィール

中 乃波木(なか のはぎ)

東京に生まれ、幼少期はインドネシア、芦屋と移り住む。13歳の夏に母と二人で能登に移住したことから能登の原風景に魅了される。東京造形大学写真学科を卒業後、広告制作会社amanaに入社。アシスタントを経て独立後2007年に写真集「Noto」を出版(FOIL刊)。2010年より季刊誌「能登」にてフォトエッセイ大波小波を連載中。写真家としての活動を軸にイラストレーター、ライター、ムービーカメラマンとしても活動している。石川県在住。2015年よりいしかわ観光特使、能登町ふるさと大使を兼任。

プロカメラマン伝授!写真撮影をお願いされたときの裏技講座

講座レポート

今回の舞台は石川県の観光名所でもある兼六園。老舗茶店「万清亭」さんでの基本講座からスタート。カメラマンの中さんがもてラボ博士に扮して登場してくれました(笑)。ご自身の写真を交えながら、“5つのポイント”を教えてくれました。どれも「なるほど〜」と勉強になるものばかり。そして、そのあとはいよいよ兼六園を巡りながらのレクチャーがスタート!中さんから場所ごとに撮影ポイントをアドバイスしてもらいながら、グループごとに記念撮影を撮ってらもいました。初対面の方が多い中、みなさんとても楽しそうなのがとても印象的でした!実際に観光客の方に写真を撮ってあげる参加者もいらっしゃって、観光客のみなさんは「ありがとうございました〜」と本当に嬉しそうでした◎ 撮影が終わると、万清亭さんに戻っておやつタイム♪ コーヒーや甘酒やぜんざい、あんころ餅をいただきながら、それぞれ撮影した写真をセレクトしたり、お互いに見せ合ったり、和気あいあいとした雰囲気。そして、撮影してきた写真をみんなで見ながら、中さんの講評タイム。良いところやワンポイントアドバイスなどのお話をしていただきました。記念写真って、人と人を楽しく結びつけるものなんだなぁーとしみじみ感じました。参加者のみなさんが今回の撮影講座を実践しながら、写真をとおしていろいろな人を楽しくおもてなししてくれたら何よりです。